月別アーカイブ: 2019年4月

薬師ゲーム進捗状況

現在制作中のスカトロゲームのタイトルは
『下剤の調合者~排泄系薬師ヘミン~』
にしようと考えています。

いつも通り、ところどころに排泄シーンがある以外は、特にエロい場面もなく特に何も起こりません。
タイトルにはスカトロっぽさを出すため『下剤』とだけ入れてありますが、実際には下剤はそんなに活躍しません。
他にも利尿剤や催吐剤をはじめ、薬液や毒消し薬など一般的な薬も調薬する普通の薬屋さんです。

今作では、ファンタジー世界の薬屋がリアルに遭遇しそうな場面での排泄模様にスポットをあてています。
食中毒で下痢野グソしている女性に下痢止めを処方したり…
毒を誤飲した娘にゲロ吐かせたり…
便秘女子に薬を処方して通じを与えたり…
なので今回、着衣オモラシはそれほど多くありません。
珍しい素材を採取するとか、媚薬やインポ薬を調合してあげるなど、排泄に直接関係ないクエストも入れていく予定です。

この薬師、腕は良いのですが、自らが調合した下剤を自分の体で試して悦んでいるような変態さんです。
お腹痛いはずなのに、ビチグソ撒き散らしながらもウットリしたようにすら見えるこの表情…

イベント案も固まってきて、美麗な絵も実力派イラストレーターから続々とあがってきています。
早ければ4月中にも、体験版が公開できるかもしれません。

Pocket
LINEで送る

ぴっちりラバースーツで排泄我慢を強制される少女

ノベル新作は、ピッタリとタイトに体にフィットするラバースーツの着用を強要された少女が排泄禁止に耐えるという内容。下着などは着けず、裸体に直接ラバーが張り付いているのでアソコにも肛門にも隙間なく密着していて水一滴漏れだすことは出来ません。

ぴっちりラバースーツ強制排泄我慢

つまり、漏らしたくても漏らせない、という地獄の苦しみを味わうことになります。当サークルがメインとして扱っている、我慢限界からの着衣おもらしとは若干違うコンセプトの作品となります。

とっくに括約筋は力尽きているのに、更に溜まっていく糞尿で妊婦のように膨れ上がっていくボテ腹…
本当の意味で限界を超えて抑制させられた大小便…
ようやっとスーツを脱ぐことが許されたとき、信じられない量の排泄物が、有り得ない勢いで噴出してきます。

ぴっちりラバースーツ強制排泄我慢

Pocket
LINEで送る