「制作状況」カテゴリーアーカイブ

スカクエおもらし体験版公開

制作中のおもらしゲーム
スカトロクエスト~導かれしおもらし~
の体験版を公開しました。

導かれしおもらし体験版

不具合、ご要望などありましたら
このブログのメールフォームでお伝え頂ければと思います。

Pocket
LINEで送る

オイル漏らしちゃうメカ娘

この娘は、ロボットです。なので排泄はしません。
でも古くなった冷却水とかオイル等の液体や燃料のカスなど
不要物を股間の排出口から定期的に体外に排出するよう
プログラミングされています。

人間の尿意と同じように、ドンドン高まっていき我慢の限界
を迎えると漏らしてしまいます。膀胱に相当する空間は広めで
オイルの溜まり方もゆっくりなので、人間のように一日に何度も
放尿するわけではありませんが、満タンになり一度出始めると
太い管から物凄い勢いで大量に垂れ流します。
蛇口を限界までひねったかのような太い尿線

強い敵と戦うなど、エネルギーを消費するほどオイルの溜まりも
早くなります。全力を出すと、割と頻尿(オイル)だったりも…

使い古したオイルは栄養ドリンクを飲んだときの小便と同じぐらい
まっ黄色。人間のおしっこのようにアンモニア臭などはしませんが
多少ヌルッとした粘性のある液体で、専用の容器が設置してある
ロボット用トイレに間に合わないと、床などに垂れると後始末が
大変になってしまいます。

「モウダメ…オイル…モレル…」

ピンチになると、おしがま仕草も人間同様です。
体を揺らすことで、遠心力などを利用して汚水が落下する重力に
逆らおうとしているのでしょう。

恥じらいなど感情はないし無表情のままですが、おもらし
良くないことだという認識はできているようです。

ということで、次回作ではこのロボット娘が垂れ流す場面も
入れたいと考えています。

Pocket
LINEで送る

侍女の恥ずかしい寝糞シーン

旅の途中、泊まっていた宿屋のベッドがドエライことになっています。
ほとんど水分、ビチビチの下痢便によって純白のシーツが
広い範囲にわたって汚らしい茶色に染まってしまっています。

優秀な侍女も、寝ている間に出てしまう物はどうしようもありません。
にしても、ものすごい量です。

(え?何これ?………うんち?どうして?
 そういえば、昨日エネマスライムに…)

自宅ならともかく、宿での失態は誤魔化すことができません。
謝罪して、弁償するものはしなくてはいけません。
これは大人の女性として、恥ずかしすぎます。

このように、次回作ではおねしょ、おねぐそのシーンも
入れていきたいと考えています。

Pocket
LINEで送る

エルフ立ち絵

スカトロRPG次回作、ヒロイン最後の3人目は、エルフのファイです。

弓が得意といわれるエルフ族の中でも、特別ずば抜けた名手。その腕をギガ帝国に買われてスパイとして抜擢された彼女。
スパイの仲間といっても潜入などは専門ではなく、風車の弥七のように遠方から仲間を支援するのが主な役目。
矢文を放って、仲間同士の情報伝達を円滑にしたりも。

スラムが侍女としてジェイド城に潜入してから後、新たにスパイ仲間になったので、くノ一シュリに紹介され今回の任務で初めて二人は顔を合わせます。エルフは寿命が長く、若く見えて人間二人より遥かに年上です。

種族は違えど食事もすれば、もちろん排泄だってします。当然この娘にも大小垂れ流して頂く予定でいます。

パーティ中の役割としては、弓での射撃の他、強力な攻撃魔法で敵を蹴散らすことも。

Pocket
LINEで送る

侍女立ち絵

前作のヒロイン姫騎士フィルスの侍女(尻拭き係)、スラムです。
ゲーム中は名前しか出てきませんでしたが、次回作ではヒロインの一人として活躍する予定です。

実は、長いことジェイド城に潜入していた、ギガ帝国のスパイだったのです。
フィルスの短期留学に合わせて長期休暇をとることができた彼女は
古くからの仲間であるくノ一シュリと合流し、今回のミッションに臨みます。

この方にも大便なり小便なり、存分に撒き散らしていただくつもりです。
シッカリしていそうな真面目キャラが、惨めにも自らの汚物にまみれている姿…大好物なのです。

パーティ中の役割としては、主に回復役を担当させようと考えていますが、護身術などにも長けていてナイフ等の扱いも得意なので攻撃力も充分。ある程度は戦えないと、スパイにはなれないでしょうし。

Pocket
LINEで送る