女子達が立小便しまくる小説もうすぐ公開

今回のノベルは着衣おもらしではなく、立小便に焦点をあてています。
我慢限界で衣服に染みを拡げながらジャージャー漏らしてしまうのも、もちろん大好物ですが、たまには趣向を変えて女性の立小便姿というのもオツなものです。

女子トイレにできる行列緩和のため、また経済面や環境面からの配慮により女性の立小便が推奨される世界を舞台に、葛藤しながらも背に腹は代えられず、漏らすよりはと立小便器を使用する女子達の様子を文章にしています。
 

女性でも立小便できる世の中に

 
他の女子たちに丸見えの状態で、スカートを捲りあげて、丸出しの尻を突き出した恥ずかしいポーズで立小便器に向かって放尿。
我慢に我慢を重ねた小便を羞恥の表情で、それでいて気持ち良さげに、凄い勢いで後ろ向きに放水。
前向きで、男子のように放尿できる紙製サポート器具を使用するパターンも。

一般的な男子用立小便器の他、背中合わせに4つ寄り集まった立小便器や、昔女性用につくられた立小便器サニスタンド、最近開発された受け皿部分が細い新型女性用立小便器、それぞれで女子高生たちが放尿する姿の挿絵があります。
少女漫画風の挿絵に萌え。
 

女性でも立小便できる世の中に

 
いつも通り、ストーリーらしいストーリーはありません。
ただ、女子たちが立ち小便するだけ…

Pocket
LINEで送る